1分で分かる!ギターの楽譜の読み方

LINEで送る
Pocket

ギターの楽譜の読み方は簡単だ。ここではギターの楽譜「TAB譜」の読み方を説明する。1分で読めるように簡単に解説しているので気楽な気持ちで読んで欲しい。

TAB譜の読み(1)

ギターの演奏に使う楽譜を「TAB譜(タブ譜)」と呼ぶ。

以下の画像がTAB譜の例だ。

ギター TAB譜 読み方

左側に「TAB」の文字があり、ギターの弦に合わせて6線になっている。

一番下から6弦、一番上が1弦だ。

書かれている数字が押さえるフレットの番号を表している。

この楽譜通りに弦を押さえ、曲に合わせて演奏すればよい。

これでTAB譜の説明は以上だ。

 

もう少し詳しく知りたい方はこれ以下にも目を通していただきたい。

以下にさらに詳しく説明する。

 

TAB譜の読み方(2)

ギター 楽譜 読み方

画像の赤字にあるように、横線は、上から順に1,2,3,4,5,6弦となっている。

そして赤丸が付いている数字がフレットの番号だ。たとえば、上の画像にある赤丸の中の数字は「1」だから1フレットを意味している。この数字があるのは、6弦だから「6弦1フレット」を弾けば良い。

数字の上についている棒は、五線譜の音符についている「ハタ」と同じ意味だ。たとえば、ただの1本棒なら四分音符の長さで弾くことを意味する。

 

もし五線譜が分からなくても全く問題ない。上の棒が「音の長さ」を表していることだけを知っておいてもらえれば十分だ。曲を聞きながら、TAB譜の数字だけたどって行けば、演奏には大きな支障はない。

 

あとがき

以上がギターの楽譜「TAB譜」の読み方だ。実際の譜面をみると見慣れない記号などがあると思うが、最低限これだけ知っていれば何とかなるので覚えておいて欲しい。

複雑な記号等の説明は別の機会に解説するので、気になる方はそちらも参考にしてもらいたい。

MFCミュージックのように自分のサイトを立ち上げて毎月 60 万円以上の収入を得る方法を知りたい方はこちら

LINEで送る
Pocket