これで後悔しない!はじめてのギターの選び方!

LINEで送る
Pocket

はじめてギターを買うとき、きっと色々なことで悩むと思う。「金額はどれくらい?」「エレキとアコギの違いは?」など、はじめてのギター選びには、多くの疑問があるだろう。

また、はじめて買ったギターは、良くも悪くも記憶に残るものだ。買ってから後悔するといったことになるとよろしくない。

この記事では、よくある質問に答えつつ、はじめてのギターの選び方について、分かりやすく解説する。よく読んで、後悔のないようにギターを選ぼう。

1.ギターにはどんな種類があるの?

まず、ギターを選ぶ前に、ギターの種類を知っておこう。ギターは大きく分けて2種類ある。エレキギター(画像上)とアコースティックギター(画像下)だ。

エレキギターは、マイクを通して、音を大きくすることができるギター、アコースティックギターは音を大きくすることができないギターだ。大きな違いは、このことと、見た目や形の違いだけだ。

弾き語りをやるならアコースティックギター、バンドをやるならエレキギターが向いている。自分の好きなアーティストや、弾きたい曲に使われているギターを参考に、好きな方を選ぶと良い。

【エレキギター】

 スクワイア スタンダードストラト

画像出典:サウンドハウス

【アコースティックギター】

YAMAHA FG

画像出典:サウンドハウス

ギターには、エレキギターとアコースティックギターの2種類がある。

 

2.はじめてのギターはどれくらいの価格帯がいいの?

「いくら位のギターを買えばいいのか」というのも、ギターの選び方を考えるうえで重要だ。自分の出せる範囲内で、気に入ったものを見つけるのが良いだろう。

ギターは、一番安いもので、1万円前後から売られている。高価なものは100万円近いものもある。最近は、1万円前後のギターでも、品質的に問題のないものがほとんどだ。少なくとも、致命的な欠陥があることは、ほとんどない。

一方、ギターは、価格が高いほど高品質なものが多い。もちろん、ブランドによっては安くても品質が高いものもあるし、高価なのに品質がそれほど良くないものもある。しかし、全体的な傾向としては、高いほど良いものだと思って良い。

以上のようなことを考えて、初心者で、ギターにそれほど詳しくなく、こだわりもないという場合は、3万~5万円くらいのギターを買うのがオススメだ。この価格帯なら、挫折しても損失は少なくて済むし、品質もある程度しっかりしている。その中で、自分好みのギターを選ぼう。

1本目のギターは、3万~5万円くらいのものがオススメ

 

3.どこを探せばいいの?

欲しいギターの種類と価格帯(予算)が決まったら、いよいよギターを探してみよう。ギターを探す方法は、主に2つだ。

  • インターネットや、雑誌の通販で探す
  • 楽器屋に足を運んで探す

いまは、インターネット上に店舗を置いている楽器店も多いので、インターネットで探せば、たくさんの選択肢の中からギターを探すことができる。ただし、インターネットでは実際に弾いてみることができないのが難点だ。

一方、リアルに店舗を構えている楽器店では、現物をみて、弾いてみることができる。実物を見て購入できるため、こちらのほうが、購入後に後悔する心配は小さくなる。ただし、楽器店に置いてあるギターの数や種類には限りがあるので、選択肢が少なくなる点が難点だ。

以上のことから、近所に楽器店がたくさんある場合には、リアルに店舗を構えている楽器店に足を運んで探すのが良いが、楽器店が近所にない場合には、インターネットで探すのが良い、といえる。

・近所に楽器店がたくさんある → 楽器店で探すべき

・近所に楽器店がない → インターネットや雑誌の通販で探すべき

4.どのブランドのギターがいいの?

どのブランドのギターがいいのか、という疑問も、初心者にはよくあることだろう。はじめての1本は、どのブランドでも、自分の気に入ったもので構わないが、一応、3~5万円台で買える、有名どころのブランドを紹介しておこう。

3~5万円で買える!エレキギターの有名ブランド

SQUIER(スクワイア)

エレキギターの王道メーカーの1つである、フェンダー社の使用するブランドだ。低価格ながら高品質で、安心して弾くことができる。

Epiphone(エピフォン)

エレキギターの王道メーカーである、ギブソン社傘下のブランドだ。(フェンダーとギブソンは、エレキギターの2大王道メーカーだ。)こちらも、低価格でありながら、品質が高く、最初の1本として申し分のないブランドだ。

 

3~5万円で買える!アコースティックギターの有名ブランド

YAMAHA(ヤマハ)

YAMAHAの名前は、ギター以外でも有名だと思う。日本の楽器メーカーだ。初心者向けのギターも数多く製造しており、低価格で、高品質だ。安くても、とても丁寧に作られているので、最初の1本目として購入しても、ずっと使い続けることができる。

Morris(モーリス)

モーリスも日本の有名なギターブランドだ。YAMAHA同様、初心者向けの低価格なギターも製造している。品質にも定評があり、安心して持ち続けられるギターだ。

 

どのブランドを選ぶべきか

以上に紹介したブランドは、どれも低価格かつ高品質なギターだ。以上のブランドのギターなら、初心者としてギターを学ぶうえで、不自由することはないだろう。

もちろん、ここで紹介したブランド以外でも、良いギターを製造しているブランドは数多くある。よく調べて、自分の気に入ったブランドのギターを選ぼう。

ここで紹介したブランドを参考にしつつ、自分の気に入ったブランドを見つけよう。

 

5.ギターを買うときの注意点は?

最後に、ギターを買うときの注意点をいくつか、述べておこう。

5.1. はじめてのギターは新品のものを

はじめてギターを買う場合、中古のギターはオススメできない。中古のギターは安いものもあるが、欠陥のあるものも多い。ギターは保管されている環境によって、形が変形したり、金属部分がさびたりするため、新品の保存状態の良いものに比べて、中古品は品質が落ちているものが多いのだ。エレキギターの場合には、目に見えないところに欠陥があることもある。

新品でも安いものはたくさんあるので、1本目のギターを買うときは新品のものを選ぼう。

5.2. できれば試奏する

ギターは、自分で構えてみて、自分で音を鳴らしてみないと、本当に自分に合っているかどうか分からない。構えてみて、はじめて問題が見つかるということもある。通販で買う場合はできないが、楽器店で買うときには、買う前にできれば試奏(試し弾き)させてもらおう。弾けなくても、軽く構えて音を鳴らすだけでよい。「自分には大きすぎる」とか「思ったより重い」というような発見があれば、他のギターを選ぶことも可能だ。

なお、試奏の時には、勝手に弾かず、楽器店の店員さんに「試奏(しそう)したい」と声をかけてから、弾くようにしよう。

5.3.   こんなギターは買わない

以下に当てはまるようなギターは、欠陥品かもしれない。

  • ギターの金属部分にサビやカビがある
  • ヒビが入っているところがある
  • ネック(ギターの細長い首の部分)が反っている
  • フレット(ネックの表面に埋め込んである複数の金属の棒)が、ネックからはみ出ている

このような部分が見つかったときには、買わないように注意しよう

中古・試奏・欠陥品に注意しよう。

 

6.まとめ

今回は、はじめてギターを買うときの、ギターの選び方について説明した。最後に、全体の内容をまとめておこう。

  1. ギターには、エレキギターとアコースティックギターの2種類がある。
  2. 価格帯は3~5万円が無難。
  3. インターネットよりも、できれば楽器店で探す。
  4. ブランドは紹介したものを参考に、自分の好きなものを。
  5. 中古・試奏・欠陥品に注意する。

はじめてのギターは、ずっと記憶に残るものだ。安心して長く使い続けられるギターを、ぜひ見つけてほしい。『ギターが弾けるようになるまでの初心者のためのページ』からご覧の方は、次は『7つのアクセサリーをそろえる』に進もう。

MFCミュージックのように自分のサイトを立ち上げて毎月 60 万円以上の収入を得る方法を知りたい方はこちら

LINEで送る
Pocket