初心者のうちにやらないと損する!3つのギター練習法

    ギター練習

    ギターを始めたばかりの初心者で、何の練習をしたら良いか分からない方は多いだろう。初心者にとってはじめての練習は、その後の上達を大きく左右する。効率よく、正しい練習をすることが大切だ。

    今回は、初心者にオススメの、「これだけはやっておきたい」という練習方法を紹介する。いつもの練習に取り入れれば、他とは違う実力が身に付くはずだ。

    ギター初心者のための練習 ①リズムトレーニング

    さっそく紹介していこう。まず紹介する練習は「リズムトレーニング」だ。ふつう、ギターの練習といえば、左手の指を動かしたり、右手のピッキング練習をしたりするイメージが強いかもしれない。リズムトレーニングは軽視されがちだ。

    そこで初心者の方にこそ、リズムトレーニングをする習慣を身に着けて欲しいと思う。リズムが正しくとれていると、とても良いことがたくさんある。以下にいくつか例を挙げておこう。

     

    リズムが正しくとれることのメリット

    • 他の楽器と一緒に演奏するときに、まとまりが良くなる。
    • 聴き手にとって、美しい演奏になり、演奏自体が上手く聴こえる。
    • 複雑なフレーズにも、柔軟に対応できるようになる。
    • 何より演奏が抜群に楽しくなる。

    etc…

     

    リズム感があることは、演奏が上手くなるための大きなポイントだ。プロのミュージシャンでも本当に上手い人は圧倒的にリズム感が良い。

    それでは、リズムを正しく取れるようにするにはどうしたらよいだろうか。簡単なリズムトレーニングを紹介しよう。

    リズムトレーニング ex.1

    まずはメトロノームの音を聞いて、ちょうど音が鳴るのと同時に手拍子をしてみよう。手拍子でなくても、足のかかとや膝を叩いて音を出しても良い。メトロノームのテンポは最初は100前後から始めよう。

     ギター練習

    メトロノームを持っていない場合は、無料ウェブメトロノームというサイトが、使いやすいメトロノームを提供されているので、使ってみよう。携帯電話やスマートフォンの方は、「メトロノーム」で検索をかけると、アプリがたくさん公開されているので、ダウンロードして使うことができる。

     

     リズムトレーニング ex.2

    次は、メトロノームの音の直後(メトロノームの音の間)にも手拍子を入れてみよう。メトロノームが鳴っているところを「オモテ拍」、なっていないところを「ウラ拍」という。ここまでは割とカンタンにできるはずだ。

    ギター練習

     リズムトレーニング ex.3

    最後はウラ拍にだけ手拍子を入れてみよう。これは慣れないと難しいが、ウラ拍がきちんとつかめるようになると、リズム感は飛躍的に伸びる。

    ギターリズム

    ギター初心者のための練習 ②運指練習

    リズム練習と並んで重要な練習が、運指練習だ。運指(ウンシ)とは文字通り、指を運ぶ、つまり、指を動かすことだ。左手の指をスムーズに動かせるようにするための練習が、運指練習なのだ。ギタリストたるもの、運指練習は毎日欠かさずやっておきたい。

    では、具体的にどんな練習をすればよいのだろうか。

    運指練習では主に、基礎的な運指のパターン練習をするのが効果的だ。例えば、以下の楽譜を見てみよう。

    ギター基礎練習

    この楽譜は、6弦から1弦への縦移動と、1234フレット間の横移動をする基礎的な運指パターンだ。メトロノームなどのリズムに合わせながら、何度もこのフレーズを繰り返し練習する。慣れたら、テンポを上げて練習しよう。

    そうしていくうちに自然と、弦の移動とフレットの移動が、スムーズにできるようになる。この動きを体で覚えていくのだ。こうした練習を、さまざまなパターンのフレーズで、毎日継続して行えば、左手の運指はメキメキ上達する。ぜひ積極的に取り組もう。

    もっと多くのフレーズを知りたいor弾きたい方は、ギター基礎練習のフレーズ集!毎日5分で上達する方法を参考にしてもらえると良い。初心者でも取り組みやすい、厳選した基礎練習フレーズをまとめてあるので、きっと上達の手助けになるはずだ。

    番外編①:ギターがなくてもできる練習

    ギターを持っていないときでもできる練習方法として、左手の指の感覚を広げるマッサージや、膝の上で指をバラバラに動かすものなどが良く紹介される。

    これらの方法が本当にギター上達に効果があるのかは、不明だが、ギターがなくてもギターの代わりに使える練習グッズはとても便利だ。

    たとえば、SHRED NECKはギターがないときの左手の運指練習に最適だ。これは、ギターのネックとヘッドを模したもので、フレットや弦の感じが本物のように再現されている。

    シュレッドネック

    画像出典:Shredneck Red Metal Flake

    弦のテンション(張りの強さ)を変更することも可能で、自分の実力に合わせて運指の練習ができる。

    勉強・仕事の合間や、テレビを見ているとき、外出先の待ち時間など、様々な場面でいつでも練習ができるので、ギターの練習時間を大幅に増やすことができる。向上心の高い、初心者のギタリストにもオススメだ。

    番外編②:これができるとギターが上手い??

    「さくらんぼのヘタを口の中で結べる人はキスが上手い」という話を聞いたことがあるだろうか?これが本当か嘘かはさておき、ギターについても同じような迷信(?)がある。

    「左手をグーにした状態から、指先を手のひらに着けたまま、それぞれ指の間隔が開けられる人はギターが上手い」というものだ。これをやってみると、以下の図のような状態になる。親指は伸ばしてよい。

     ギター左手

    やってみると思いのほか難しいのが分かるかもしれない。指に力が入ってしまうと思う。練習すればできるようになるが、無理してできなくても全く問題ない。これができることとギターの上手さとは関係がない。指の開きが良いということの証明にはなりそうだが、ギターの上手さはリズム感や運指の滑らかさなど様々な要因で決まるので、指の開きはそれほど重要ではないのだ。

    ちょっとした話のネタ程度に知っておくと面白いだろう。

     ギター初心者のための練習 ③ピッキング練習

    リズムトレーニングと運指練習ができたら、最後にピッキングの練習をしよう。ピッキングは音の聞こえ方や、演奏のしやすさに影響する重要な練習だ。ピッキングが上手くなれば、左手の動きと右手を合わせ易くなり、演奏のリズムやノリもつかみやすくなる。

     ピッキングの練習で、目標とするテーマは以下の2つだ。

    1. 弦飛びをできるようにすること
    2. オルタネイトピッキングをできるようにすること

    それぞれについて具体的に説明しよう。

    1.弦飛びをできるようにする

    まずは、弦飛びをできるようにすることだ。弦飛びとは、いくつかの弦をまたいで、弾く弦を移動することだ。例えば、「まず6弦を弾いて、次に5・4弦を飛ばして3弦を弾く」という感じだ。

    隣り合った弦に移動するのは簡単だが、弦を飛ばして弾く場合は、次の弦が上手く狙えず、間違った弦を弾いてしまうことがある。こういったミスを減らすのが、この練習の目的だ。

    ギター初心者練習

     では、弦飛びの具体的な練習方法を紹介しよう。以下のTAB譜を見てほしい。

    弦飛び練習 EX.1

    ギター基礎練習

     このTAB譜では1本だけ弦を飛ばして、次の弦に移動し、往復している。6弦―4弦、5弦―3弦・・・といった具合だ。

    弦飛びの練習では、このように弦を何本か飛ばして、往復する練習をするのが効果的だ。往復を繰り返すことで、弦と弦の間隔を覚えていこう。

    練習の参考例として、以下に2つのTAB譜をあげておくので、取り組んでみよう。最初は右手と弦を見ながら、慣れてきたら弦を見ないで弾いてみよう。

    弦飛び練習 EX.2

    ギター初心者練習

     弦飛び練習 EX.3

     ギター初心者練習

     

    2.オルタネイトピッキングをできるようにする

    オルタネイトピッキングとは、アップピッキングとダウンピッキングを交互に繰り返していくピッキングだ。6弦側→1弦側にピッキングするのをダウンピッキング、1弦側→6弦側にピッキングするのをアップピッキングという。

    ダウンピッキング

    ダウンピッキング

    アップピッキング

    アップピッキング図

     ダウンピッキングだけ、またはアップピッキングだけでは、テンポの速い曲を弾く時にはピッキングが遅くなってしまうし、滑らかな演奏ができない。そのためアップダウンを交互に繰り返すオルタネイトピッキングができると演奏しやすくなる。

    オルタネイトピッキングでは、右手は常に、アップとダウンを交互に繰り返すということを覚えておこう。

    具体的な練習方法としては、先ほどの弦飛び練習に織り交ぜてやるのが効果的だ。もう一度、「弦飛び練習EX.1」を見てみよう。

    ギター基礎練習

    TAB譜の下に、アップピッキングとダウンピッキングのマークがあるのに気づくだろうか。この譜面では、ダウンピッキングから始まり、アップとダウンが交互に繰り返されている。オルタネイトピッキングだ。

    弦が飛ぶのでアップダウンが難しいかもしれないが、ゆっくりでいいので、アップダウンを意識しながらピッキングしよう。

    もちろん、実際の演奏では、オルタネイトピッキングしないほうが滑らかな演奏ができることもあるので、必ずしもこのやり方を使わなければいけないわけではない。あくまで練習だと思って取り組んで欲しい。

    上の譜面ができたら、弦飛び練習EX.2・3も同じように、オルタネイトピッキングを用いてやってみよう。全てのTAB譜が弾けるようになれば、オルタネイトピッキングは十分にできるようになっているはずだ。

    番外編③ オルタネイトピッキングの種類

    実はオルタネイトピッキングには、2種類の方法がある。インサイドピッキングとアウトサイドピッキングだ。

    インサイドピッキングは2本の弦を内側から弾く、アウトサイドピッキングは2本の弦を外側から弾く、という点で異なっている。両方のやり方を図で見てみよう。

    インサイドピッキング

    インサイドピッキング

    アウトサイドピッキング

    アウトサイドピッキング

     

    インサイドピッキングでは、上下2本の弦を内側(インサイド)からピッキングするのに対して、アウトサイドピッキングでは外側(アウトサイド)からピッキングしている。

    どちらが良いというわけではないが、どちらのピッキングもできるようにしておきたい。効率が良いのはインサイドピッキングだが、状況によって弾きやすさが異なるからだ。ピッキングする弦やタイミングによって、インサイドとアウトサイドを使い分けられるようにしておこう。

     

    ギター初心者のための練習 まとめ

    今回は「リズム練習・運指練習・ピッキング練習」の3つの練習方法を紹介した。普段の練習に取り入れて、ぜひ初心者卒業を目指そう。

    さらに具体的な練習方法や譜面については後日、個別に作成する予定なので、気長に待っていてほしい。その他、ギターの基礎練習についてはギター基礎練習のフレーズ集!毎日5分で上達する方法に優れた練習フレーズをまとめているので参考にしよう。