シンガーソングライターになる方法

    「シンガーソングライターになるにはどうすればいいのか」と考えて、あなたはこのページを訪れてくれたのだと思う。

    「シンガーソングライターになれるのは世の中でほんのひとにぎりの人だけだ」とか「才能もないのにシンガーソングライターになれるはずがない」と思われる方もいるだろう。

    たしかに、これまではシンガーソングライターとして暮らしていくことは難しかった。ほんの一部の人だけが世間の目に留まり、才能があっても認められない、それだけでは生活できないという人がほとんどだった。

    しかし、時代は変わりつつある。現在は思いのほかシンガーソングライターとして生きていける可能性がある。今回はシンガーソングライターになるための方法を分かりやすく説明しよう。

    シンガーソングライターとは?

    シンガーソングライターとはシンガー(singer)つまり「歌い手」とソングライター(song writer)すなわち「作詞作曲家」を1人でやる人のことだ。最近のプロのアーティストでいえばYUIさんや高橋優さんらが挙げられる。

    自分で作詞作曲を手がけて、自分で歌うという点から見れば、多くのミュージシャンがシンガーソングライターであるといえるだろう。

    シンガーソングライターになるのは難しい?

    シンガーソングライターは自分で作詞作曲をして歌うため、作詞作曲のセンスと歌の上手さが求められる。その点は難しいといえるだろう。だが、これらのことは経験を積めば上手くなるので心配はいらない。

    しかし、シンガーソングライターになることの難しいもうひとつの点として「プロにならないと食べていけない」という状況がある。プロになれるのはほんの一握りの人間だけだ。さらにプロになっても人気が出なければ貧しい生活を強いられることもある。

    こういうことがこれまで言われてきた。しかし現在はプロにならなくても食べていける可能性が十分にあるのだ。このことについて詳しく説明していこう。

    シンガーソングライターになるのが難しい理由

    これまでシンガーソングライターとして食べていくことが難しかった理由は二つある。

    • 知名度を上げるのが難しかったこと
    • 個人で楽曲を売り込む手段がなかったこと

    1つ目は「知名度」の問題だ。これまではアマチュアのシンガーソングライターが自分のことを世間に知ってもらう手段が少なかった。路上ライブをするかライブハウスを借りるしかなかった。路上ライブは場所によっては規制があり指導を受けることもあってリスクが高い。ライブハウスでは自分でチケットを売らなくてはならず、人気になるまではお金がかかる。いずれにしても簡単にできることではなかった。

    2つ目は「プロモーション」の問題だ。個人では自分の楽曲を世間に売り込む手段がなかった。路上やライブハウスで人気を獲得してメジャーレーベルに所属しなければ自分の曲をたくさんの人に買ってもらうことは難しかった。

    要するに自分の曲を世間に知ってもらい買ってもらう手段が乏しかったことが、これまでシンガーソングライターとして食べていくことが難しかった理由だ。

    シンガーソングライターになるには?

    しかし現在はシンガーソングライターになるのが以前よりもずっと簡単になっている。場合によってはそれで食べていくこともできる。

    その鍵となるのが「インターネット」だ。このページをご覧になっているのであれば、インターネットには十分に触れていらっしゃるだろう。インターネットを使えばシンガーソングライターとして食べていくことは以前よりずっと簡単になりうる。

    たとえば、Youtuberという職業(?)をご存じだろうか。Youtubeという動画サイトに自分で作成した動画をアップしてページビュー数を増やし広告料で食べている人たちだ。彼らは人気を集めれば集めるほど生活が楽になっていく。

    シンガーソングライターとして自分を売り込んでいく場合にも、インターネットで動画を紹介する手法は使える。もちろん音声だけでもよい。インターネットでオリジナル曲をアップして大きな人気を獲得できれば、それで生活する術は、あとからでも見つかる。もしシンガーソングライターになりたいのなら、インターネットを有効活用し、ウェブで人気を獲得していこう。

    シンガーソングライターになる具体的な方法

    インターネットを活用してシンガーソングライターになるには具体的にどうすれば良いのか。

    たとえばYoutubeにオリジナル曲の動画をアップする方法がある。共感を得られればSNSなどを通して自然に拡散されるだろう。

    あるいはTwitterなどのSNSを使って直接的に拡散していく方法もある。Twitterでは動画が投稿できるし(時間の長さに制限はあるが)、既にフォロワーがいるのならYoutubeよりも早く拡散できるだろう。

    また最近ではツイキャス(TwitCasting)といって生放送で映像を配信できるサービスもある。ここで歌って注目を集めている方も多数いるようだ。

    以上のようなインターネット上の様々なメディアを使って自分をプロモーションしていこう。たくさん曲を書いてたくさん歌い、配信して、反応を集めていこう。評価はどうであれ、何度もトライすることで作詞作曲や演奏が上達していく。

    MFCミュージックはそんなシンガーソングライターの方々を応援している。ぜひ積極的に活動してほしい。

    たったの1万円でプロのアーティストになる方法

     

    「プロとして活躍したい…。」「音楽だけで生きていけるようになりたい…。」

    こんな風に思っていませんか?

     

    プロのアーティストになりたいという思いは素晴らしいことです。

    しかし、なりたいと思っているだけでは、決してプロになることはできません。

    多くの人がプロを目指していますが、ほとんどの人はプロにはなれないのです。

     

    なぜ、多くの人はプロになれないのでしょうか?

     

    答えは簡単です。

    運やタイミングなどではありません。

     

    圧倒的な実力不足です。

     

    プロとあなたの演奏を比べてみてください。到底プロのレベルに達していないことが分かるでしょう。

     

    逆に言えば、プロレベルの実力さえあれば、プロになることは簡単なのです。

     

    では、プロレベルの実力をつけるにはどうすればいいでしょうか。

     

    そのためには、プロになるために用意されたカリキュラムに沿って、練習をすることです。

     

    プロのためのレッスンを受けてしまえばいいのです。

     

    実は、毎月たったの1万円で、プロになるためのレッスンを受ける方法があります。

     

    もし、あなたが「本当に」プロになりたいと思うなら、まずは無料の体験レッスンを受けてみませんか。


    無料体験レッスンについて詳しく