ギターケースで失敗しない!5分で分かるケースの選び方

    大事なギターを傷つけないためには、ギターケースをきちんと選ぶことが大切。しかし、ギターケースには、たくさんの種類があり、本当に必要なギターケースを選ぶのは、なかなか大変な作業だ。

    今回は、ギター初心者でも、自分に本当に必要なギターケースを選べるように、ギターケースの選び方を簡単に解説する。ギターケース選びの参考にしよう。

    ギターケースの選び方① ギターケースの主な種類

    ギターケースには、大きく分けて3種類ある。

    1. ソフトケース
    2. ハードケース
    3. セミハードケース

    それぞれのケースの違いは、ギターケース自体の強度(丈夫かどうか)や重量、材質などにある。どういう目的でギターケースを使うかによって、どれを選ぶべきかが違ってくるのだ。

    それぞれのギターケースについて、詳しくみていこう。

    ギターケースの選び方② ソフトケース

    まずはソフトケースだ。ソフトケースは、楽器屋さん等でギターを購入するとおまけとしてついてくることもある、とても軽くて、簡素なギターケースだ。ソフトケースを別途に購入するとしても、とても安く手に入る。

    特徴は以下の3つだ。

    • とても軽い
    • とても安い
    • 強度は少し弱い

    ソフトケースはギターケースの中でも一番に軽い。そのため持ち運びには非常に便利で、背中に背負うこともできる。自転車やバイクで持ち運ぶ人は、ソフトケースがおすすめだ。

    また、ソフトケースは価格が安く、1000円前後で購入できる場合がほとんどだ。どこの楽器店でも、たいてい売っているので機会があれば値段を見てみよう。

    ソフトケースの弱点としては、強度が他のケースに比べて弱い点が挙げられる。ナイロンなどの素材でできているので、傷がつくことは少ないが、落下や外からの強い衝撃には、耐えられないことも考えられる。

    とはいえ、きちんと扱っていれば、ギターにそれほど大きなダメージを与える場面も少ないので、筆者はソフトケースの強度でも十分だと考えている。よほど高価なギターでない限り、ソフトケース以上の強度は必要ないだろう。

    ギターケースの選び方③ ハードケース

    次にハードケースを紹介しよう。ハードケースは、ギターケースの中で一番効果で、耐久性に優れた丈夫なギターケースだ。特徴は以下の3つがある。

    • とにかく丈夫
    • とても高価
    • かなり重い

    ハードケースは、とにかく丈夫で、耐久性に優れている。木材などの堅い材料で作られているので、ぶつかったり落としたりしても、ギターに傷がついたり、ギターが壊れたりすることは、まず、ありえない。

    ただし、価格がとてもとても高い。安いギターが1本買えるくらいの価格だ。

    さらに、ハードケースはとても重い。丈夫な分だけ重量があり、肩ひもは付いていないので、背負うことができない。ずっと手で持っていることになる。ずっと持っていれば、手が痛くなってしまうこともあるだろう。

    ということで、筆者は、初心者にはハードケースをおすすめしていない。ケースを運んで手が痛くなれば、演奏するときにも問題だろう。ギターが非常に高価で、大切なものでない限りは(自分のギターは誰にとっても大切だろうが・・・。)、かならずしもハードケースは必要ではないと思われる。

    ギターケースの選び方④ セミハードケース

    最後にセミハードケースを紹介しよう。セミハードケースは、上述したソフトケースとハードケースの中間にあたる、ギターケースだ。以下の特徴がある。

    • ソフトケースより強度がある
    • ハードケースほど高価ではない
    • 重さはそんなに重くない

    セミハードケースは、ソフトケースより強度があり、ギターをしっかり守ってくれる。材質はエナメルなどでできている。

    価格についても、ソフトケースよりは少し高いが、ハードケースのように驚くほど高価という訳でもない。5000円程度で買えるだろう。重さもハードケースのように重くはなく、肩ひもが付いていて背負えるものもある。

    もしお金に余裕があって、大切なギターをきちんと守ってあげたいと思うのであれば、セミハードケースを検討してみるのも良い選択だ。

    ギターケースの選び方 まとめ

    今回は、ギターケースの選び方について説明した。以下に、今回の内容をまとめておこう。

    • ギターケースは3種類、ソフトケース・ハードケース・セミハードケース。
    • ソフト、セミハード、ハードの順に、「耐久性」と「重量」が増す。
    • ソフト、セミハード、ハードの順に、「金額」も増す。
    • 初心者にはソフトケースがおすすめ。
    • お金に余裕があれば、セミハードケースもあり。
    • ハードケースは、高価なギターでなければ必要ない。

    以上のことを参考に、自分に合ったギターケースを選んで、大切なギターを傷から守ってあげよう。

    ※今回の記事で使用したギターケースの画像の出典はすべてサウンドハウスです。