ギターのネックの汚れ掃除!レモンオイルで綺麗に磨き上げる方法

ギターの掃除と言えば、ボディを拭くというのは誰しもがやっていると思いますが、意外と疎かにしているのがネックの掃除です。ギターのネックの汚れの掃除をテーマに、レモンオイルで綺麗にネックを磨き上げる方法を解説します

ギターのネックの汚れを掃除することの重要性

私のギターのネックなのですが、なんかくすんだ色してるし、白い何かがついていますよね?これがネックについている汚れです。この汚れの正体は手垢だったり手汗だったり、弦についた汚れやサビです

また、保存場所が悪いとカビが生えちゃったりする場合もあります

なぜこんなになるまで掃除しないんだ!と思うかも知れないですが、ネックをピカピカに磨き上げると凄い手が滑っていつもと弾いている感覚が狂ってしまうからです。。。まぁ、言い訳はここら辺にしておきます。

ギターのネックの汚れを掃除することの重要性ですが、ギターのネックは木で出来ていますよね?木は湿気だったり乾燥にとても影響を受けます。

ネックを長い間オイルなどで掃除しないと、乾燥しすぎてピキッと割れたりヒビが入っちゃったりすることもあるわけです

私のギターのネックの画像を見て頂ければわかるかと思いますが、ネックといいますか指盤(フィンガー・ボード)が汚れている所以外も白っぽくなっているのがわかるかと思います。これは、私のギターのネックを長い間オイルなどで掃除&保湿しておらず乾燥しているためです。このまま放置しておくとそのうちネックが割れたりする危険性があります。

ギターのネックの掃除をサボったがためにネックが割れるなんて状況を避けるためには掃除が必要です。

ギターのネックの汚れを掃除する時はレモンオイル

ギターのネックが割れてしまわないよう、ギターのネックの汚れを掃除するのに欠かせないレモンオイルを用意しました。今回使用するオイルはダダリオのレモンオイルです!

>>【DT】D’Addario/Planet Waves Lemon PW-LMN レモンオイルを楽天でチェックしてみる!

私の写真とは見た目がちょっと違いますが入れ物が違うだけで中身は一緒です。

このレモンオイルはネックの汚れを取る効果と、保湿効果と、ネックの乾燥速度を緩める効果があるし、何より柑橘系のいい匂いなのでおすすめです。しかも安いです。

今回使うダダリオのレモンオイルは安くて汚れ取りも保湿も出来るので評判がよいのですが、入れ物を横にすると蓋をしててもオイルが漏れちゃうのでそこだけがネックです。ネックの掃除だけにね。。。ネックですなんてね。。。

ボディの汚れ取りにも使えるみたいですけど、塗装の状態によっては変色してしまう事もあるかもしれないのでネックのお掃除だけに使ったほうが良いかと思います。

ネックの掃除に欠かせないオイルはレモンオイルの他にもオレンジオイルもあります。

>>HOWARD Orange Oil OR0004 オレンジオイルを楽天でチェックしてみる!

レモンオイルとオレンジオイルの違い

レモンオイル

  • 粘度が低く揮発性が高いので、指板の汚れ落としに向いている
  • オレンジオイル程ではないが保湿も出来る

オレンジオイル

  • 粘度が高く揮発性が低いので、指板の保湿に向いている
  • レモンオイル程ではないが汚れ取りも出来る

今回は汚れを掃除するのがメインなので、レモンオイルでギターのネックの汚れを掃除していきたいと思います。

レモンオイルでネックを磨き上げる

用意するものはレモンオイルとクロスです。

基本的にネックの掃除はギターの弦が張ってあると出来ないので、弦交換と同時に行います。全ての弦を外したた状態がこちらです。汚いうえに乾燥しているのがよくわかります。

それでは掃除を開始します。レモンオイルはネック(指盤・フィンガー・ボード)に直接塗布せずにクロスに数滴たらします。

そしてネックに塗っていきます。

塗ると今まで乾燥していたネックが色つやを取り戻してきます。全体に塗布したら、少し放置するのですが、この放置する時間が人それぞれ意見が割れる所なのですが、私は10分放置します(中には丸一日放置する人もいます)。

10分経ったらネックをよく見て見ましょう。オイルが表面に残っていると言うか浮いている所はOKです。オイルが足りなかった部分は乾燥が強く、オイルが浸みこんでいるので再度レモンオイルを塗ります。そしてネック全体にオイルが残った状態になったら、オイルを拭きとりつつ汚れも取っていきます。

あまり力を入れるとネックを傷めるので適度な力加減で拭いていきましょう。画像の左から二番目のポジションマークまでは汚れを掃除してみました。

そのポジションマークの隣のフレットと比べてみてどうでしょうか?かなり汚れが取れていることがわかるかと思います。そして丁寧に全体の汚れを掃除してピカピカに磨き上げるとこんな感じの仕上がりに。とても綺麗になりました。

まとめ

簡単な手順でネックの掃除は出来るので、出来れば弦交換のたびにネックも掃除しましょう。実を言いますと私はギターのネックどころか、ギターの掃除は全体的にサボりがちなのですが。。。こまめにレモンオイルやオレンジオイルで汚れを取ったり、磨き上げたりしてください。