ギターを独学で習得する!3つのメリットとその方法

LINEで送る
Pocket

ギターが独学で弾けるようになるのかと不信に思っていないだろうか。そんなあなたにこそ独学をおすすめする。独学なら時間も自由でお金もかからず、思う存分ギターを楽しめる。

この記事ではギターの独学のメリットと独学の方法を紹介する。独学が不安なあなたも、最後まで読んで頂ければギターを始める自信がつくだろう。




1. 独学とは?

はじめに独学についてはっきりさせておこう。独学とは人に教えてもらわずに自力で学ぶことだ。教室に通ったり先生に教わることなく、自分でギターの弾き方を学び練習する。

 

2. ギター独学のメリット

ギターの独学には以下の3つのメリットがある。

  • お金がかからない
  • 時間が自由
  • 自分のペースで練習できる

それぞれについて説明しよう。

 

お金がかからない

独学でギターをやるためにかかるお金は、ギター本体の代金と教則本や小道具の費用だけだ。教室に通ったり通信講座を受講するよりも安くすむ。必要なお金は以下のような感じだ。

  • ギター本体・・・1万円~
  • その他の小道具・・・3000円~
  • アンプ(エレキギターのみ)・・・5000円~
  • 教則本・・・2000円前後

合計で2万円あれば独学に必要なものは全てそろう。最近はインターネットで情報を集められるので、教則本は買わなくてもいい。このサイトでもギターの独学に参考になる記事をたくさん公開している。

 

時間が自由

また独学なら好きな時間にギターを練習できる。仕事や学校が忙しい人でも無理なく自由に練習できるのだ。1日どれくらい練習すればいいのか、という疑問については次の章でお伝えするのでこのまま読み進めて欲しい。

 

自分のペースで練習できる

さらに独学なら自分のペースで学べる。弾けないところがあっても弾けるようになるまでじっくり練習できる。自分のペースでのんびり練習したいなら独学が一番だ。独学なら無理なく自由に学べる、ということがお分かりいただけただろうか。




3. ギター独学の方法

独学を決意したらギターを独学する方法を知ろう。ここからは独学の方法について説明する。以下の3つについてお伝えする。

  • 1日どれくらい練習するか
  • どんな練習をするか
  • どんな教則本を買うか

それぞれ順番に説明する。

 

どれくらい練習するか

ギターをはじめると「1日何時間くらい練習すればいいんだろう」という疑問が出てくる。基本的には、何時間でも好きなだけ練習すればいい。忙しくて時間がとれないなら、少しずつの練習でもいい。念のため目安の時間を示しておこう。

ギターのプロになるために必要な練習時間は1万時間といわれている。仮に10年で1万時間を超えようとすると1年間に1000時間の練習をしないといけない。1日およそ3時間だ。1日3時間も練習すれば10年でプロになれる。

プロにならないとしても1日2時間も練習すれば、3年くらいでまわりから上手いと言われるようになる。ということで1日だいたい2時間を目安にするといい。

 

どんな練習をするか

ギターでどんな演奏ができるようになりたいかによって、練習の方法は異なる。ギターの演奏は以下の2つに分けられる。

  • リードギター(ギターソロなど)
  • コードバッキング(リズムギター、伴奏)

 

リードギターの練習法

リードギターとはギターでメロディを弾くことだ。ロックバンドの曲の間奏にエレキギターを「ギュイーン、ギュイーン」と鳴らしている姿をイメージすると分かりやすい。

リードギターの場合には指を細かく動かす練習が中心になる。このタイプの練習はギター基礎練習のフレーズ集!毎日5分で上達する方法で色々なパターンを紹介しているので参考にしてほしい。

 

コードバッキングの練習法

コードバッキングはギターで伴奏をする方法だ。歌いながらアコースティックギターを「ジャカジャカ」とかき鳴らしている姿をイメージすると分かりやすい。もちろんバンド演奏でもこのパートは必要だ。

コードバッキングの場合には、コードを押さえる練習やストロークの練習が効果的だ。このタイプの練習はギター初心者向けのコードはこれ!すぐに使える7つのコードストロークとは?ギターのストロークの基本を知ろう!を参考にしよう。

 

どんな教則本を買うか

ギターの教則本は2000円くらいで買える。本屋や楽器屋、インターネットで買うことができる。最近の教則本はどれも分かりやすいものが多い。買うときは特に人気がありそうなものを選ぶといいだろう。

ただし、教則本がなくてもインターネットでも十分に情報を集められる。当サイトでも独学の役に立つ情報をたくさん公開しているので参考にしていただけるといい。

エレキギターならエレキギターの弾き方 初心者編!1ページで分かる10の基本が教則本の代わりになるだろう。アコースティックギターならギターの弾き方!1日で曲が弾けるようになる5つの手順がお勧めだ。

また、どうしても教材を買って独学したい場合は30日でマスターするギター講座のような 教材がおすすめだ。どちらかといえば年配の方向けのようだが、若い人でも普通に楽しめる。ただし、いかんせん高価な教材なので、本気で上手くなる気がないなら買わない方がいい。きちんとボリュームがあって充実した内容なので、本当にやる気がある人なら、価格以上の効果を得られるだろう。

4. まとめ

ギター独学のメリットと独学の方法について説明した。この記事を読んで独学でやってみようと思ったら、ぜひ積極的に学んでギターを楽しんでほしい。

以下は宣伝になりますが、MFCミュージック(当サイト)が責任を持ってオススメする初心者向けのギターセットをご紹介します。はじめてギターを購入される方にオススメのギターセットです。

以下の入門20点セットなら、必要なものが全てそろっているので、すぐにギターの練習が始められます。買い物の時間が節約できる分、練習時間が長くとれるので、それだけ上達も早くなります。早く練習を始めたい人には特にオススメです。

ギター本体も価格の割にきちんとしているので、初心者の方でも安心してお使いいただけます。多くの初心者の方がこちらの入門セットでギターを始めています。

もし興味があれば、以下のリンクから商品ページをご覧になってみてください。

LINEで送る
Pocket