初心者向けのギターコードはこれ!最初に覚える5つのこと

    コードダイアグラム 読み方

    初心者でギターを始めたばかりだと、どのギターコードから覚えていいか分からなくて悩んでしまうかもしれない。

    しかし、本当に覚えるべきギターコードは意外と少ないのだ。

    今回は初心者が、まず最初に覚えるべき5つのコードを紹介する。この記事さえ読めば、初心者でも簡単にギターコードを覚え、すぐに上達できる。

    ギターコードとは

     コードとは、日本語で「和音」のことだ。複数の音がきれいに調和するように、それぞれの弦を押さえ、いっぺんに音を鳴らす。すると音が重なって美しい伴奏になる。コードがあることで演奏に深みが生まれ、曲に色が付く。

     「和音」というと難しく聞こえるかもしれないが、ギターコードは手の形さえ覚えてしまえば簡単にできるので、難しいことは考えなくて構わない。この記事でも、複雑な説明は一切抜きにして、できるだけ分かりやすく解説している。

     ここでは、まず初心者が覚えておきたい5つのギターコードを紹介する。それから、それぞれのギターコードをひとつずつ具体的に説明する。

    注:ここで取り上げる「コードダイアグラム」の見方がわからないという場合は、別の記事に解説をする予定なので、そちらを参考にしてほしい。

    初心者が最初に覚えたい5つのギターコード

    では、初心者が最初に覚えておきたい5つのギターコードを紹介する。以下の5つだ。

     

    ・Cコード(シー・コード)

    ・Amコード(エイ・マイナー・コード)

    ・Dmコード(ディー・マイナー・コード)

    ・Gコード(ジー・コード)

    ・Em(イー・マイナー・コード)

     

     読み方は通常のアルファベットと同じだ。ただし、「m」は「マイナー」と読む。「Am」なら「エイ・マイナー」だ。では、1つずつ詳しく見ていこう。

    Cコード(シー・コード)

    Cコードの押さえ方は以下の図の通りだ。

    コード 簡単

     

     左側の数字は「弦の番号」、横の数字は「フレットの番号」、〇(丸)が「押さえる場所」で、〇(丸)の中の文字は「使用する指」を示している。なお、6弦の横に「×(バツ)」が付いているのは、「6弦は弾かない」ことを表している。細かいことなので、あまり気にしなくても良い。

     一度この通りに押さえてみて欲しい。はじめは難しいかもしれない。ポイントは指先を使って、できるだけフレットの近くを押さえることだ。押さえられたら、右手で6弦から順に弦を1本ずつ弾いてみて欲しい。それですべての弦が鳴れば、Cコードはクリアだ。

    Amコード(エイ・マイナー・コード)

     

     次はAmコードだ。Amコードの押さえ方は以下の図の通り。

    コード 簡単

     

     この図をみて一度この通りに押さえてみて欲しい。初めてでもそれほど難しくないかと思う。実はこれ、Cコードの薬指を3弦2フレットに移動するだけでできるのだ。CコードからAmコード、AmコードからCコードへのコードチェンジ(押さえ変え)のときには人差し指と中指はそのままで、薬指だけを移動するとスムーズにつながるので覚えておくと良い。

    point:CコードとAmコードの違いは薬指だけ!!

     ここまで問題ないだろうか。どれも単純なコードばかりなので解説は短いが、もし難しい部分があれば急がずにゆっくり練習を重ねて欲しい。

    Dmコード(ディー・マイナー・コード)

    次はDmコードだ。押さえ方は以下の図の通り。

    コード 簡単

     

     これもAmコードと同じマイナーコードだ。マイナーコードは一般的に「暗い響き」と言われる。AmもDmも、やや暗い印象があるのを感じられるだろうか。

     Dmは1・2・3弦だけを押さえるので、押さえにくく感じる方もいるかもしれない。ポイントとしては、親指をネック裏にしっかり回して、親指で6弦を掴むようにすると人・中・薬の三本の指が下方に下がり、押さえやすくなる。

    Gコード(ジー・コード)

     続いてGコードだ。押さえ方は以下の図の通り。

    コード 簡単

     

     今回取り上げている5つのギターコードの中では一番押さえにくいかもしれない。1弦と6弦の間隔が広いので、指を大きく開く必要がある。

     もし、上記の指の配置で難しいときは、自分のやり易いように、使用する指を変えてもよい。筆者は「Cコードへのコードチェンジがスムーズにできる」という理由で上記の押さえ方をオススメしている。薬指と中指の位置関係がCコードと同じだからだ。この形のまま、押さえる弦だけ変えれば、Cコードへ簡単に押さえ変えられる。

    Emコード(イー・マイナー・コード)

     最後はEmコードだ。押さえ方は以下の図の通り。

    コード 簡単

     

     これは今回取り上げた中で一番簡単なギターコードだ。たったの2本指でできてしまう(実はEmの系統で1本で押さえられるコードもある!)。使用する指は自分のやり易いように変えても構わない

     これができれば、5つのギターコードはすべて完成だ!

    初心者向けギターコードのまとめ

     5つのギターコードをすべて弾いてみてどうだっただろうか。中には弾きづらいものもあったかもしれないが、じっくり気長に取り組んで欲しい。最初は誰でも難しく感じるが、時間をおいて挑戦すると、簡単にクリアできたりするものだ。

     また、5つのギターコードが全て弾けたら、今度はこれら以外のギターコードを覚える必要も出てくる。そのときはできるだけ、お気に入りの曲の中で演奏しながら、繰り返し弾いて覚えると手っ取り早い。

     とにかく楽しんで、楽な気持ちで練習することが上達への近道だ。もっと他のコードも知りたいという方は一目でわかる!ギターコード一覧表を参考にしよう。