かんたんギターコードの覚え方!絶対に上手くなる3つの方法

    ギターコード

    「ギターコードがたくさんあって覚えられない。」「効率の良いギターコードの覚え方が分からない。」「どのコードから覚えていいのか分からない。」

    ギターを始めたばかりなら、きっとこのような悩みをお持ちではないだろうか?

    効率の良いギターコードの覚え方を知れば、ギターの上達は圧倒的に早くなり、突然知らない曲を弾くことになっても、コード譜を見るだけでスラスラ弾くことができるようになる。

    今回は初心者でも簡単なギターコードの覚え方を3つ紹介する。 どの方法も、ギターの上達に役立つ良質なものばかりだ。この3つの覚え方をマスターして、ライバルと上達に差をつけよう!

    1.ギターコードが覚えられている状態とは?

    はじめに、「ギターコードが覚えられている」とは、どんな状態なのかを整理しておこう。ここでは「コードネームを言われたらすぐにそのコードを押さえられる状態」を「ギターコードが覚えられている状態」と決めておく。これを目標に、コードの名前を聞いたらすぐに押さえられるギタリストを目指そう。

     

    2.ギターコードの覚え方 3つの方法

    次にギターコードの覚え方を紹介する。ギターコードの覚え方には3つの方法がある。1つ目は「コードネームを基準に覚える」。2つ目は「バレーコードの型から覚える」。3つ目は「似た形のコードをまとめて覚える」だ。これらを順番に紹介しよう。

    上から順に読み進めても良いが、それぞれ難易度が異なるので、自分のレベルに合いそうなものから読むことをオススメする。

    ギターコードの覚え方 3つの方法

    • コードネームを基準に覚える (←カンタン)
    • バレーコードの型から覚える (←やや難)
    • 似た形のコードをまとめて覚える (←超カンタン)

    3.ギターコードのコードネームを基準にする覚え方

    それでは説明に入っていこう。

    まずは、ギターコードのコードネーム(コードの名前)を基準に覚える方法だ。

    この覚え方のメリットは、「7(セブンス)」や「m(マイナー)」「add9(アドナインス)」など、アルファベットの後ろについている付属部分によって、音がどう変わるのかを、直感的に覚えられることだ。

    この違いが分かると、どんなコードでも覚えるのがラクになり、コードの習得がかなり早くなる。さらに耳も鍛えられ、ギターパートのアレンジや作曲にも役に立つ。今回取り上げる覚え方の中では、一番ギター上達に役立つ方法だ。

     

    3.1 基準のコードを決める

    まず最初は、覚える基準になるコードを決めよう。アルファベット1文字のコードが良い。CコードやDコードなどの、コードネームの後ろに何もついていないコードだ。ここでは、例としてCコードを基準に決める。

    これがCコードのコードダイアグラムだ。

    ギターコード

     

    ※コードダイアグラムの見方が分からない場合は5分で分かる!コードダイアグラム基本の読み方!を読んでおこう。

    3.2 同じアルファベットの他のコードを探す

    次に同じアルファベットから始まる、他のコードをいくつか探して見てみよう。たとえば、Cから始まる他のコードを探すと、C7、CM7、Cadd9などがある。

     

    ギターコード覚え方

     

    3.3 基準のコードとの共通点と相違点を探す

    他のコードをいくつか見つけたら、それと基準のコードを比べて、同じところと違うところをそれぞれ探そう。

    たとえば、先ほど例に挙げた3つのコードと、Cコードを比較すると以下のようになる。赤丸は足す指、青丸は外す指、それ以外は基準(ここではCコード)と同じ部分だ。

    C7はCコードの押さえ方に、小指を足しただけだ。CM7は逆にCコードから人差し指を外している。Cadd9は小指を足して、人差し指を外したものだ。

     

    ギターコード覚え方

     

    3.4 違いを確認しながら弾き比べて、覚えていく。

    共通点と相違点が分かったら、それぞれを押さえて弾き比べてみよう。ポイントは押さえ方の違いに注目しながら、よく音を聞いて、音の違いを味わうことだ。そうすることで、かなり覚えやすくなる。

     

    3.5 「コードネームを基準にする覚え方」のまとめ

    ここまでの流れをおさらいしよう。まずは、基準のコードを決める。そして、基準のコードと、同じアルファベットのコードを弾き比べて、押さえ方の違いと音の違いを覚えていく。

    この覚え方のメリットは、コードごとの音の違いが分かるようになること。それによって、どんなコードも覚えやすくなるのだ。

     

    3.6 ギターコードの覚え方 実践トレーニング①

    それではここまでの知識を踏まえて、以下の4つのコードを覚えよう。どれも頻出のコードなので、覚えておいて決して損はないだろう。覚えたら全て音を鳴らして、押さえ方や音の違いを楽しもう。この3つを連続して弾くと、とてもきれいな響きになる。

    Dコード

     4.バレーコードの型から覚える覚え方 

    次のギターコードの覚え方に移ろう。次はバレーコードの型から覚える覚え方だ。バレーコードというのは、人差し指など、1本の指を寝かせて、複数の弦を同時に押さえるコードだ。

    たとえば、Fコードは人差し指で1・2・6弦を押さえるバレーコードだ。

    この覚え方のメリットは、少ない型だけで、ほぼ全てのコードが押さえられてしまうことだ。具体的に説明していく。

     

    4.1 基本の型は2つだけ!

    まずはバレーコードの基本の型を覚えよう。

    覚える型は、たったの2つしかない。それが「F型」と「B♭型」だ。これらを覚えるだけで基本のコードは全て押さえられるのだ。

    FコードとB♭コード

     

    4.2 基本の型をスライドしよう!

    ここまでできたら、基本の型をスライドしよう。

    スライドとは、どういうことなのかを説明する。以下の図を見てみよう。上の段がF型、下の段がB♭型だ。この図のように、FやB♭の形はそのままに、人差し指で押さえるフレットの位置を移動していくのだ。

    これだけでAからGまでの全てのメジャーコードが押さえられてしまう。

    Fコードスライド

     

    4.3 基本の型を少しだけ変形してみよう!

    では、次は基本の型を少しだけ変形してみよう。

    先ほどの型を、ほんの少し変形するだけで、マイナーコードやセブンスコードまでも簡単に押さえられる。

    ここではマイナーコードとセブンスコードの基本型を紹介しておこう。FとB♭の基本型から指を1本移動させるだけなので、比較しながら押さえ方を覚えると、とても楽だ。

     

    FmコードBmコード

     

    4.4 変形したらもう一度スライドしてみよう!

    さて、マイナーコード型とセブンスコード型を覚えたら、これもスライドしてみよう。

    例えば、Fmコード型のまま人差し指が3フレットに来るようにスライドすると、Gmコードになる。さらにB♭7コードの型で、人差し指が3フレットに来るようにスライドするとC♭7コードになる。

    このスライド操作ができるようになれば、あなたはメジャーコードとマイナーコードとセブンスコードの全てができてしまう。

     

    4.5 「バレーコードの型から覚える覚え方」のまとめ

    ここまでの流れをおさらいしておこう。まずは、FとB♭コードの型を覚える。そして、その型で人差し指をスライドするだけで、全てのメジャーコードが押さえられる。

    さらに、マイナーコードやセブンスコードの型も覚えれば、それもスライドして全部押さえられたことになる。

    この覚え方をマスターすれば、押さえられないコードはほぼないといっても過言ではない。エレキギターを使っている人は特に、弦がやわらかいので、この覚え方が向いている。バンド演奏でも必ず役立つので、ぜひマスターしておこう。

     

    4.6 ギターコードの覚え方 実践トレーニング②

    それでは、バレーコード型の練習として、以下の4つコードを押さえてみよう。マイナーコード型とセブンスコード型を思い出しつつ、「4.2」のスライドの図を参考にしよう。コードダイアグラムは見ないで、バレーコードで押さえよう。

    1.Amコード

    2.A7コード

    3.D7コード

    4.Cmコード

    5 似た形のコードをまとめて覚える覚え方

    最後に、似た形のコードをまとめて覚える方法を紹介する。

    今までの2つに比べると、一番簡単な方法だ。ギター初心者が初めてコードを覚えるなら、この方法が一番良いだろう。それでは紹介しよう。

    5.1 似た形のコードを探そう!

    まずは、お互いに似た形のコードを探す必要がある。

    とはいっても、たくさんあるコードの中から初心者が似た形のコードを探すのは難しい。なので、ここでは初心者向けの、似た形のコードの例を3組ほど取り上げておく。

    探すポイントが分かったら、他のコードの組み合わせを自分で探して、試してみよう。

     

    5.2 似た形のコード例を見てみよう!

    それでは、似た形のコードを3組、紹介する。

    5.2.1 指が1本だけ異なるパターン

    まずは、指が1本だけ変わって、他の指は形も同じになるコードの例だ。

    ギターコードの覚え方

    5.2.2 形はそのまま縦移動するパターン

    同じフレットで2本の弦を押さえる形は同じだが、縦に移動しているコードの例だ。

     

    ギターコード覚え方

    5.2.3 形はそのまま横移動するパターン

    同じフレットの3本の弦を押さえる形は同じで、横に移動しているコードの例だ。ただし、以下の例では、横に移動してから、人差し指を2フレットに足している。

    ギターコード覚え方

    5.3 コードを押さえ変えて覚えよう!

    上のコード例を見ながら、とにかくコードチェンジを繰り返して、覚えていこう。繰り返し押さえ変えることで、指の形を体にしみこませられる。

     

    5.4 「似た形のコードをまとめて覚える覚え方」のまとめ

    ここまでをおさらいしよう。まずは、似た形のコードを見つける。あとはその違いを見ながら、コードチェンジの練習をするだけだ。

    似た形のものを比べているので、頭で覚えるのはとても簡単だ。それから、弾き比べて体で覚えていくと、効率が良い。

    ギター初心者はぜひこの覚え方で、一通りのコードを覚えてしまおう。

     

    5.5 ギターコードの覚え方 実践トレーニング③

    それでは最後に、ここまでの知識を使って、以下のコードを覚えよう。似た形のものを見つけ、まとめて覚えるのがポイントだ。 

    ギターコード覚え方

    6 ギターコードの覚え方 総まとめ

     ギターコードの効率的な覚え方はつかめただろうか。3つの覚え方を、もう一度おさらいしておこう。以下が今回取り上げたギターコードの覚え方だ。

    1. コードネームを基準に覚える
    2. バレーコードの型から覚える
    3. 似た形のコードをまとめて覚える

    全ての覚え方をマスターすれば、ギターコードを覚えられるだけでなく、演奏能力の上達にも役に立つようになっている。特に上記の1と2は、バンド演奏や、ギターのアレンジ、作曲にも役立つ優れものだ。

    どれか1つだけでも構わないが、いずれは全ての覚え方を攻略しておこう。いつか必ず役に立つはずだ。

    また、今回の内容を難しいと感じた方は、30日でマスターするギター講座のような教材で学ぶのもおすすめだ。どちらかといえば年配の方向けだが、若い人でも楽しめる。ただし、いかんせん高価な教材なので、本気で上手くなる気がないなら買わない方がいい。きちんとボリュームがあって充実した内容なので、本当にやる気がある人なら、価格以上の効果を得られるだろう。なお、筆者による購入レビューはこちらからご覧になれる。

    さらに、今回のコードの覚え方を踏まえて、もっと練習したいという方はギター基礎練習のフレーズ集!毎日5分で上達する方法も参考にしよう。後半にコードを使った練習を2例ほど紹介している。毎日の練習に取り入れれば、ギターが劇的に上手くなるはずだ。

    もし、この記事で紹介した内容よりも、もっと簡単に、ギター初心者向けのコードが知りたいという方は、ギター初心者向けのコードはこれ!すぐに使える7つのコードで、初心者がはじめに覚えるべき7つのコードを紹介しているので、こちらも参考にされたい。

    ギターが弾けるようになるまでの初心者のためのページ』からご覧の方は『ストロークの基本を知ろう!』に進もう。