ギターを立って弾く場合の正しいフォーム(構え方)

ギターは座って弾く方が安定しますし、指を動かすことに集中できます。なので、ギター初心者の方が練習をする場合は座った方が良いです。

。。。という前提はあるのですが、ライブで見られるギタリストの白熱したパフォーマンスは痺れますよね。立って演奏する方がなんかカッコいいし、立って弾きたいという方もいるかと思います。

ただし、パフォーマンスを見るとやるとでは大違いです。実際は、プロのギタリストのように激しく動き回ったりヘドバンしたりしながらギターを弾くと言うのはとっても難しいです。

千里の道も一歩から。ギターを始めたばかりの初心者ギタリストさんは、激しいパフォーマンスよりも、まずしっかりと安定した正しいフォーム(構え方)を身に着ける事が先決です。

ギターを立って弾く場合のフォームは、座って引く場合と違ってストラップの長さが大きく関わってきます。ストラップが短め、一般的、長めの順で解説していきます。

いずれもギターのヘッドは少し上げて、手前に出し、体とギターのボディーを離さないというポイントは座って引く場合と同じなので忘れないようにしてください。

ストラップ短めのフォーム

ギターを立って弾く場合のフォームで、ストラップを短くした場合は、座って引くのに近いくらい楽にギターを弾くことが出来ると言うのが最大のメリットです。

ジャズやフュージョン、ヘヴィメタルの速弾きギタリストなど、テクニカルなプレイをするギタリストに多く見られます。

指板を楽に見る事が出来ますし、ハイポジションも弾きやすく、指を大きく広げたり、右手を使ったタッピングと言ったテクニックもやりやすいです。

ただし、あまりにもストラップを短くしてしまうと肩に力が入りすぎて痛めてしまう事もあるので注意が必要です。

ストラップ一般的な長さのフォーム

一般的なストラップの長さにした場合のフォームです。

ギターのボディの真ん中がちょうどベルトの高さくらいに来る感じです。

ストラップを短く調整した時よりも多少演奏するのは難しくなりますが、手首の制限もあまりなく、どんなジャンルの曲もそつなくこなせるフォームです。

私自身も通常はいつもこの位の長さで演奏しています。

ストラップ長めのフォーム

ストラップを長めにした場合のフォームです。

ギターのボディの中心が股の付け根あたりまで来ています。

このフォームはロックやパンクのギタリストに非常に多く、見栄えもかっこいいです。

が、しかし、見栄えは良いのですがギターを弾くとなると手首の動きが制限されて非常に弾きづらいです。

そしてストラップを長くすることでギターがブランブランと動いて安定しないので、ギターを始めたばかりの初心者さんにはあまりおすすめしません。

ちなみに私はギターを始めたばかりの中学生の頃ストラップをなが~くして弾いていたのですが、全く上達しませんでしたw

まとめ

ギターの基本、正しいフォームを覚えようという事で書いてきました。

始めの内は座って引く場合も立って弾く場合も、体に無理な力が入っていないか、ヘッドが下がっていないか、ヘッドを手前に出しているか、体とギターのボディは離れていないか確認しながら日々のギターの練習に励みましょう。