ギターのプリングのやり方とコツ、練習フレーズ

ギターはただ弾くだけじゃなくて、様々なテクニックや奏法を駆使して演奏するわけですが、ギター初心者さんにとってはどのテクニックも壁として立ちはだかるかと思います。

そんなギターのテクニックの中でかなり頻繁に使われるテクニックが「プリング」というテクニックです。

今回はギターのプリングのやり方とコツの解説と、プリングの練習フレーズを用意してみました。

ギターのプリングのやり方 方法は至ってシンプル

ギターのプリングと言うテクニックですが、正式名称は「プリング・オフ」と言います。

ハンマリングの正式名称は「ハンマリング・オン」でした。勘の良いあなたなら気づいたかもしれませんが、なんだかオンとオフで何か繋がりみたいなものを感じませんか?

ハンマリングとプリングはとっても似ているテクニックで、交互に使う事もあります。

ハンマリングはピッキングで音を出した後、同一弦上のフレットにある次の音を指で叩いて音を出すテクニックの事を言いますが、プリングは、「ピッキングで音を出した後、弦から指を離すときに指をひっかくように離して音を出すテクニック」の事を言います。

文字だけでは伝わりにくいかもしれないので画像も用意しました。

まずは薬指で押さえている赤丸のフレット音をピッキングして鳴らします。

そしてその後に。。。

薬指をひっかくようにはなして、人差し指で押さえているフレットの音をならすテクニックがプリングと言うわけです。

ギターのプリングのコツ

ギターのプリングのやり方が分かった所で、次はプリングのコツについて解説していきます。プリングのコツは大きく2つあります。

指をひっかくように離す

プリングのコツと言いますか基本は指をひっかくように離すことです。

ただ押さえた指を離すだけでは大きな音は鳴らないので、どの指でもプリングをする時は必ず指をひっかくように離す意識して練習しましょう。

しっかりネックを挟む

プリングを行う時、人差し指と親指の位置がおかしいと非常にプリングがやりにくいです。

例えば親指がネックの裏側の真ん中らへんにあった場合は、とてもじゃないですがプリングなんてできたもんじゃありません。

上の私がプリングをしている画像を見て頂ければわかるかと思いますが、人差し指と親指でガチっとネックを挟んでいるのがわかるかと思います。ガチっととは言いましたが、横移動にも縦移動にもスムーズに対応できる位の力加減です。

プリングが上手くいかないなぁ~という時は弦を押さえる方の手のフォームを見直してみましょう。

話を聴くだけだと何となくできそうな気がしてきますが、やってみると中々難しいのがプリングなんです。

ギターのプリングの練習フレーズ

実際にプリングの練習をしてみましょう。今回はプリングの練習フレーズを3つ用意しました。段々難易度が上がっていくのでじっくりと練習してみて下さい。

あ、その前にタブ譜が読めないよ~という場合は先にタブ譜の読み方を覚えてから練習を始めて下さい!

ギターのプリングの練習フレーズ1

音の数が少ないので、プリングをする時に指をひっかくようにして離しているのか、フォームはどうなっているのか確認しながら練習しましょう。

ギターのプリングの練習フレーズ2

プリングの練習フレーズ1のちょっと進化版と言った感じの練習フレーズです.

音数が増えた事で必然的に難易度は上がりますし、縦の弦移動が増えた事によって人差し指と親指の位置や挟み込む力加減が非常に大事になってきます。

ギターのプリングの練習フレーズ3

プリングの練習フレーズ3は結構実用的な運指になっています。

ちょっとギター初心者向けには難しくしちゃったかなぁとも思いましたが、こんな感じのフレーズは結構出てきますので是非マスターしてください。

ちなみに最初の一音に□が被っているのは私の編集ミスです。。。

見えにくいですが最初の一音は5弦の9フレットです。

まとめ

プリングはハンマリングと比べると少し難易度が高いです(中には逆の人もいるかもしれませんが)。

ですが、頻繁に使われるギターの演奏テクニックなので、今回解説したプリングのやり方とコツを頭に叩き込んだら、根気よく練習してマスターしましょう。

ちょっと練習フレーズ3はギター初心者さんに対しては難しくしすぎたかなぁとも思いましたが、ギター初心者さんが脱初心者を目指すために、ここは心を鬼にして言います。。。

初心者を抜け出すにはあのくらいのフレーズは弾けて当然!