ギターのドロップDチューニングのやり方とメリット、有名曲の紹介

ギターには様々なチューニングがあって、曲ごとにチューニングを使い分けたりしています。その中でも、半音下げチューニングと同じくらい登場機会が多いチューニングが「ドロップDチューニング」です。

かといってギターを始めたばかりの頃は「ドロップDって何?サクマドロップの仲間?」って感じで訳が分からないと思うので、今回はギターのドロップDチューニングのやり方と利点の解説、そしてドロップDチューニングを使った有名曲を紹介します。

ギターのドロップDチューニングのやり方

タブ譜では最初に「Drop D Tuning」と表記されるドロップDチューニングは一体どんなチューニングなんだ?と言う話ですが、今まで解説してきた半音下げチューニング全音下げチューニングとはちょっと違います!

どこら辺が違うのかという事ですが、それはレギュラーチューニングから考えて全ての弦のチューニングを変える必要はないという事です。

結論から言うとドロップDチューニングとは、6弦だけレギュラーチューニングから1音下げるチューニングの事を言います。

こうやって聞くと他のチューニングより簡単そうだな~と思うかも知れませんが、ギターを始めたばかりだと弦一本チューニングするのも苦戦するものです。

私もギターを始めた当初ドロップDチューニングの曲をコピーしたかったんですが、上手くチューニングできなくて辞めた経験がありますorz

あなたがそうならないようにこれから詳しくドロップDチューニングについて解説していく訳ですが、いったん落ち着いてチューナー(=音を合わせる機械)を使ったチューニングをおさらいしましょう。

それではドロップDチューニングの音階を見ていきましょう。

ドロップDチューニングの音階

まずはレギュラーチューニングとの音階の違いを確認していきましょう。

【レギュラーチューニングの音階】

6弦→E=ミ

■5弦→A=ラ

■4弦→D=レ

■3弦→G=ソ

■2弦→B=シ

■1弦→E=ミ

【ドロップDチューニングの音階】

6弦→D=レ

■5弦→A=ラ

■4弦→D=レ

■3弦→G=ソ

■2弦→B=シ

■1弦→E=ミ

一見どこが違うんだ?と思うかもしれませんが、6弦がレギュラーチューニングだとEなのに対してドロップDチューニングは6弦がDになっていますね。

さっきも言いましたがドロップDチューニングは6弦の音をEからDに下げる(1音下げる)チューニングの事を言います。

なので他の弦はレギュラーチューニングのままです。

簡単なチューニングのやり方というか、チューニングの基本がしっかりできていれば難しい話ではないのですが、レギュラーチューニングに合わせて6弦だけをチューナーを見ながらゆ~っくり音を下げてくるとチューナーの画面にDと表示されるのでそうなったらチューナーの針が真ん中に来るように合わせてあげれば良いだけです。

ドロップDチューニングの音を確認してみよう

レギュラーチューニングから6弦を1音下げてDの音にすればいいだけのお手軽チューニングです。

と言っても私はギターを始めた頃チューナーを使いこなせなかったために、チューニングには毎回苦労しました。

幸い、チューニングの音が収録されているビデオ(古っ)を持っていたので、その音を頼りにチューニングすることが出来たんですが、それがなかったらもしかしたらチューニングも出来ないまま挫折していたかもしれません。。。

もしあなたも当時の私のようにチューナーを上手く使いこなせないと言う場合は、私と同じように音を聴いてチューニングするというやり方もあります。

ドロップDチューニングの音を用意したのでその音を頼りにチューニングしてみて下さい。

【ドロップDチューニングの音】

ギターのドロップDチューニングのメリット

な~んで6弦だけ1音下げるみたいな変則的なチューニングにするんだろう?

と思うかも知れませんが、ギターのドロップDチューニングには他のチューニングにはない利点といいますかメリットがあるんです。

それは、パワーコードが指一本で押さえれるようになることです。

パワーコードと言えば、

こんな感じの指の形になりますが、ドロップDチューニングにすると

こんな感じで指一本でOKという事です。

なんで指一本でパワーコードが弾けるようになるのかと言いますと、まずパワーコードはルートの音と5度の音の2つで構成されています。

例えばAのパワーコードはレギュラーチューニングの場合6弦5フレット(ルート)と5弦7フレット(5度)を押さえます。

それが6弦が全音下がる(1音)わけですからAのパワーコードを弾こうと思ったら必然的にルート音はフレット2つ分上がって6弦7フレットになるわけです。

するとルート音(6弦7フレット)と5度の音(5弦5フレット)が隣り合った弦になりますよね。

これがギターのドロップDチューニングでパワーコードが指一本で弾ける理由であり、ドロップDチューンニングの最大のメリットです。

ギターのドロップDチューニングを使った有名曲

ではギターのドロップDチューニングを使った有名曲を何曲か紹介していこうかと思います。

ドロップDチューニングの曲は基本的にヘヴィで激しいですけど、半音下げ、全音下げとはまた違った疾走感あふれるロックにも良く使われます!

誘惑/GLAY

ご存知GLAYの大ヒットシングル「誘惑」はドロップDチューニングのヘヴィなギターリフが有名な曲ですね!

この曲が発売されたとき野良猫は確か中学1年生だったので正にギターを始めた年のヒット曲とあってそりゃもうコピーしましたよ!

ギターリフだけ。。。(まだタブ譜もろくに読めなかったし、まだ耳コピも出来なかったし。。。)

>>pure soul Anthology [ GLAY ]を楽天でチェックしてみる!

ROCKET DIVE/hide with Spread Beaver

X JAPAN解散後に今は亡きhideさんが率いたhide with Spread Beaverが発表したファーストシングル「ROCKET DIVE」もドロップDチューニング!

ヘヴィなサウンドでありつつ疾走感あふれるサウンドはたまりません!

演奏難易度は比較的簡単なのでギター初心者さんにもコピーしやすい曲です!

>>hide BEST〜PSYCHOMMUNITY〜 [ hide ]を楽天でチェックしてみる!

MONKEY WRENCH/FOO FIGHTERS

元ニルヴァーナのドラマーデイヴ・グロール率いるフー・ファイターズのMONKEY WRENCHはテレビで使われることも多い曲なのでフー・ファイターズを知らなくても聴いた事あるかもしれません!

この曲はドロップDチューニングの特徴であるヘヴィなサウンドと疾走感の極致と言っても良いくらいの名曲です!

この曲もギター初心者さんでもコピーしやすい難易度なので機会があったらチャレンジしてみてはいかがでしょうか!

>>フー・ファイターズ グレイテスト・ヒッツ [ フー・ファイターズ ]を楽天でチェックしてみる!

絶望ビリー/マキシマムザホルモン

マキシマムザホルモンと言ったらヘヴィでラウドなサウンドにポップでキャッチーなメロディを乗せるのが本当に上手いですよね!

そんなマキシマムザホルモンの代表曲絶望ビリーもドロップDチューニングです!

>>ぶっ生き返す [ マキシマム ザ ホルモン ]を楽天でチェックしてみる!

まとめ

ドロップDチューニングはレギュラーチューニングの6弦だけを全音(1音)下げるだけで出来る手軽さに加えて、指一本でパワーコードを押さえれるようになる使い勝手の良さもあって様々な楽曲で使用されています。

ドロップDチューニングのやり方を覚えたら是非曲もコピーしてみて下さい。