ギターのオクターブチューニングとは?方法と音が合わない時の対応

ギターは完璧な楽器ではないので、必ずチューニングが狂います。

そこで普通はチューナーを使って開放弦を鳴らして、ペグを回してチューニングしますよね。でもチューニングってそれだけではありません。

ギターにはオクターブチューニング(オクターブ調整)という方法があるんですが、これがギターを始めたばかりの人にはちょいと難しい。

なので今回は、ギターのオクターブチューニングとは何なのか?オクターブチューニングの方法と合わない時の対処法を解説します。

ギターのオクターブチューニングとは何なのか?

ではオクターブチューニング(オクターブ調整)とは何なのかと言うのを解説していきたいと思います。

普通の開放弦のチューニングのやり方は大丈夫ですよね?わからないと言う人はとりあえずギター初心者向け「レギュラーチューニング」を読みましょう。

で、オクターブチューニングです。

ギターは開放弦でしっかりとチューニングを合わせたにもかかわらず、開放弦のオクターブ上の12フレットを押弦(おうげん)した時の音がずれてる事があります

その音程の狂いを調整してあげるのがオクターブチューニング(オクターブ調整)です

オクターブチューニングが必要な時

どんな時にオクターブチューニングが必要になるのかと言いますと、

です。次から、どのような方法でオクターブチューニングするのか解説していきます。

ギターのオクターブチューニングの方法

  1. 普通にチューニングする
  2. 12フレットを押弦(おうげん)した音とハーモニクスの音を確認(ハーモニクス音が基準)
  3. ブリッジのサドルで音程を調整し合わせる

と言う感じです。まずは普通にチューニングして、それから12フレットのハーモニクス音より12フレットを押弦(おうげん)した音が高いのか低いのか見て、サドルの位置を動かして調整すると言うわけです。

関連記事:ギターのナチュラル・ハーモニクス奏法とは?音の出し方やコツを解説

関連記事:音叉を使う実音・ハーモニクスチューニングで音感を良くしよう

ストラトキャスタータイプのオクターブチューニング方法

オクターブチューニング(オクターブ調整)はブリッジの形状によって方法が微妙に違うんですが、まずは私が所持しているストラトキャスターなどに搭載されている、シンクロナイズド・トレモロの場合を見ていきましょう。

なんか汚いですね。。。

ま、それはさておき、シンクロナイズド・トレモロの場合は、ビスをドライバーで回すことで調整できます。ビスを時計回りに回すとサドルの位置が上がり、弦長が短くなることで音程が上がります。

逆に反時計回りに回すとサドルの位置が下がり、弦長が長くなることで音程が下がります。

回すときは本当に少し回して音をチューナーで確認します。少し回してチューナーで確認、を繰り返しましょう。本当に本当に少し回すだけで音の高低変わります。

レスポールタイプのオクターブチューニング方法

今手元にレスポールタイプのギターが無いのでわかりにくくて申し訳ないのですが、レスポールタイプに多く見られるチューンオーマチックタイプのブリッジの場合はストラトキャスターとやり方は一緒で、ネジをドライバーで回して調整します。

一つ違うのはマイナスドライバーを使う事です。

アコースティックギターのオクターブチューニングの方法

アコースティックギターの場合はエレキと違ってブリッジやサドルにネジはないので、直接サドルを紙やすりで削ってオクターブチューニングしていきます。

方法は、サドルのトップをネック側に削る、もしくはボディ側に削って調整していくんですが、正直素人には難しい作業になるので、よっぽど手先の器用さに自信がある人以外はお店に持って行った方が良いと思います。

ギターのオクターブチューニングが合わない時の対処法

上で紹介したようなオクターブチューニング(オクターブ調整)の方法を何度繰り返しても中には「オクターブチューニングが合わないよ~」と言う人もいます、ではどうしてもオクターブチューニングが合わない原因と対処法を見ていきましょう。

まだコツを掴めていない

これはただ単にオクターブチューニング(オクターブ調整)に慣れていないという事ですので、慣れるしかありません。

とても繊細な作業になるのでじっくり時間をかけて繰り返し音程を合わせて行きましょう。

弦が古い

弦が錆びているとオクターブチューニングが合わないことがあります。なので、オクターブチューニングをする時は弦交換した時に行うのが良いでしょう。

ブリッジ・サドル部の不良

ブリッジやサドル部分がおかしくなっていて、オクターブチューニングが合わない場合があります。これは自分で解決せずに楽器屋さんに持っていく事をおすすめします。

【番外編】最初からオクターブチューニングできない

ブリッジやサドルの中には最初からオクターブチューニングできない物も存在します。その場合はそういうものだと諦めるか、やはり楽器屋さんに相談するのが一番でしょう。

まとめ

私もギターを始めたころオクターブチューニング(オクターブ調整)には苦労した一人です。

繊細な作業で始めは時間もかかると思いますが、根気よく調整していきましょう。