はじめてのギターと一緒にそろえる7つのアクセサリー

    ピックの種類

    「ギターを買ったはいいけど、他に何をそろえればいいのか分からない。」「ギターを買うときに、一緒にそろえておくものはある?」など、ギターを始める前に、ギターの他に何をそろえるべきか、分からなくなっていないでしょうか?

    結論から言って、ギターを始める前には必ず、7つのアクセサリーをそろえておく必要があります。これら7つのアクセサリーは、ギターを弾くうえで必ず必要になるものです。そろえておけば、ギターを弾き始めてから困ることはありません。今回はこれら7つのギターアクセサリーを紹介しましょう。

    1.必ずそろえるべき7つのギターアクセサリーとは?

    ギターを始める前に、必ずそろえておくべき7つのアクセサリーは、以下の7つです。

    1. ピック
    2. チューナー
    3. 替え弦
    4. ストリングワインダー
    5. ギタースタンド
    6. ギターケース
    7. ストラップ

    どれもなくてはならないアクセサリーです。これから紹介する内容を参考にしつつ、必ずそろえておきましょう。以下では、アクセサリーの名前の横に、重要度を星☆の数で示しました。星3つのものは必ず用意しましょう。それ以外のものも、できるかぎり早いうちに用意しましょう。

    2.ピック 重要度:☆☆☆

    ギターを弾くためにかかせないのがギターピックです。ピックを握って弦をはじくことになります。ピックには、トライアングル型とティアドロップ型の2種類があります。

    初心者には、トライアングル型をオススメします。トライアングル型は、ティアドロップ型に比べて、握ったときの安定感があります。安定感があると、ギターを弾いているときに弾きやすく、落としにくいのです。特別な理由がなければ、最初の1枚は、トライアングル型にするといいでしょう。

    ピックは、どちらの種類も100円くらいで購入できます。余裕があれば、両方の種類をそろえておくのもいいでしょう。

    ピックの種類

    3.チューナー 重要度:☆☆☆

    ギターを弾く前に、ギターの弦を正しい音の高さに合わせておかなければなりません。正しい音になっていないと、どんなに上手くギターを弾こうとしても、下手に聞こえてしまいます。それ以前に、正しい音でないと、ちゃんとした曲になりません。

    ギターの音の高さを正しく合わせるために必要なのが、チューナーです。チューナーは、必ず、ギター用のものを用意しましょう。他の楽器のチューナーと間違えないことが大切です。チューナーは、2000円くらいから購入できます。

    チューナーイラスト

    4.替え弦 重要度:☆☆

    ギターの弦は消耗品です。ずっと使い続けていると、弦がさびて音が悪くなったり、切れてしまうこともあります。特に初心者のうちは、力が入りすぎたり、弦をきつく巻きすぎたりして、切ってしまいがちです。切ってしまったときに替え弦がないと、替え弦を買うまでギターを弾けず、モチベーションが下がってしまいます。あらかじめ用意しておきましょう。

    ギターの弦は、安いもので500円からあります。平均的には1000円前後です。1~6弦までセットで販売されていることがほとんどです。セットで買っておけば間違いありません。

    ギター弦イラスト

    5.ストリングワインダー 重要度:☆

    ストリングワインダーというのは、ギターの弦交換のときに必要になる道具です。使うだけで、ギターの弦交換が圧倒的に早くなります。なくてもなんとかなりますが、あった方が絶対にいいです。150円くらいで売っているのでそろえておきましょう。

    ストリングワインダー  

    6.ギタースタンド 重要度:☆☆

    ギターは、きちんとスタンドに立てかけておかないと、ネックが曲がったり、倒れて折れてしまったりします。ギタースタンドにきちんと立てかけて、ギターを管理しましょう。ギタースタンドに立てかけておけば、インテリア的にもオシャレです。安いものだと500円くらいで購入できます。

    ギタースタンド

    7.ギターケース 重要度:☆☆

    ギターケースもギタースタンド同様に重要です。ギターを持ち運ぶときには、ギターケースがなければ、持ち運べません。たいていは、ギターを買うときにソフトケースがついてくるので、それがあれば十分です。もし、もっと丈夫なケースがほしい場合には、少し高いですが、セミハードケースや、ハードケースの購入を検討するのもいいでしょう。ギターケースについては、ギターケースで失敗しない!5分で分かるケースの選び方も参考にしてください。

    ギターケース

    8.ストラップ 重要度:☆

    ギターを立って弾く場合に必要なのが、ストラップです。ストラップは、立って弾かない場合には必要ないので、すぐに買わなくても構いませn。しかし、バンド活動や弾き語りなどで、立ってギターを弾く予定があるなら、買っておいて損はないでしょう。

    ストラップには、シンプルなものから、見た目を重視したものまで、色々な種類があります。一番安いもので1000円くらいですが、ギターを背負ったときの肩に係る負担なども考慮して、自分にあったものを選びましょう。

    ストラップ

    9.番外編 エレキギターの場合に必要なもの 重要度:☆☆

    エレキギターの場合には、以上に紹介したものの他に、アンプとシールドが必要です。アンプはスピーカーのように、ギターの音を大きくする機械です。シールドは、アンプとギターをつなぐコードです。

    アンプは5000円くらい、シールドは1500円くらいから購入できます。

    アンプとシールド

    10.まとめ

    今回は、ギターを始めるにあたって、そろえておきたい7つのギターアクセサリーを紹介しました。これらをそろえておけば、これからギターを弾くうえで困ることはないでしょう。価格が高いものもありますが、重要度の高いものだけでも、そろえておきましょう。重要度の星☆が3つのものだけは、絶対にそろえてください。『ギターが弾けるようになるまでの初心者のためのページ』からご覧の方は、次は『ギターのパーツの名前と役割を知る』に進もう。